主要講演歴

理学療法士

学会名 発表月 演題名 当院担当
スタッフ
第26回日本心不全学会学術集会/一般講演/奈良 2022年10月

一般講演30

O30-1 「訪問リハビリテーションにおける心不全療養指導士の役割と取得の意義」

理学療法士
澤田 真理子
第26回日本心不全学会学術集会/一般講演/奈良 2022年10月

一般講演30

O30-3 「重症大動脈弁狭窄症患者における訪問リハビリテーションの安全性に関する検討」

理学療法士
鬼村 優一
第26回日本心不全学会学術集会/奈良 2022年10月

多職種カンファレンスを実際に体感しよう!~これが私たちのカンファレンスです~

コメンテーター:ソーシャルワーカー 齋藤 慶子
看護師 阿部 隼人,富山 美由紀
理学療法士 山田 愛晃
医師 鈴木 豪,弓野 大
第26回日本心不全学会学術集会/ポスター/奈良 2022年10月

ポスター13

P13-4 「頻回なショック作動をきたすCRTD植え込み後重症心不全患者への訪問リハの一例」

理学療法士
上田 健太郎
第28回日本心臓リハビリテーション学会学術集会/一般口演/沖縄 2022年06月

セッションカテゴリ:地域連携・在宅医療3

訪問リハビリテーションを実施した心不全患者の身体機能変化に関連する因子の検討

理学療法士
大浦 啓輔
第28回日本心臓リハビリテーション学会学術集会/一般口演/沖縄 2022年06月

セッションカテゴリ:地域連携・在宅医療3

血圧低値の高齢重症心不全に対して訪問リハビリテーション介入が奏功した一例

理学療法士
安藤 美輝
第28回日本心臓リハビリテーション学会学術集会/ポスター/沖縄 2022年06月

ポスターセッション:在宅医療・訪問診療

座長:理学療法士 大浦 啓輔
第28回日本心臓リハビリテーション学会学術集会/ポスター/沖縄 2022年06月

ポスターセッション:在宅医療・訪問診療

多職種連携と段階的な目標設定により寝たきりからトイレ歩行が可能となった在宅心不全症例

理学療法士
井谷 祐介
第20回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in長崎/オンライン 2022年06月

寝たきり状態から身体機能向上により変形性股関節症に対する保存療法から手術療法へと方針が変更となった一例

理学療法士
山田 愛晃
第20回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in長崎/オンライン 2022年06月

在宅で義足を作成した高齢重症心不全患者の疾病増悪予防を図った症例

理学療法士
南 里矩

03-5956-8010

<受付時間>9:00~18:00

フォームからのお問い合わせはこちら