職種について

医療事務

外来/訪問

YUMINOを支える、 外来診療・在宅医療の医療事務。

YUMINOの医療事務スタッフは、外来診療・訪問診療のそれぞれの分野で多岐にわたる業務を担当しています。患者さんを第一に考える接遇で、"その人らしい人生をサポートする"医療の提供体制を後方から支援しています。

職種一覧へ戻る

常にチャレンジし続ける気持ちで、
YUMINOの医療を支えてゆく。

医事部 部長 松本 豊正

当院の医療事務スタッフは、外来事務のほか、訪問診療や訪問看護の医療事務を担い、幅広い経験やスキルが求められています。そのため、医療現場でのキャリアの有無にかかわらず、多様な人材を積極的に受け入れています。その背景には、スタッフ一人ひとりのこれまでの職歴や経験、年齢などはもちろん、その人のLIFE(人生)も大切にしていきたいという想いがあります。

新入スタッフの受け入れにも様々なゲートを準備しておりますので、YUMINOの医療人として、常にチャレンジする気持ちを持ち続けられる方をぜひお待ちしています。

求める人物像

  • 人の意見を素直に聞ける人
  • 他者に寄り添うことができる人
  • 自身で学ぼうとする意欲がある人
  • 優しい心を持っている人
  • 持続可能な人

医療事務の仕事と一日の流れ

幅広い医療を提供するYUMINOで、
患者さんとメディカルスタッフをつなぐ
接遇を行う。

YUMINOの医療事務スタッフは外来診療・訪問診療・訪問看護・訪問リハビリテーションといったそれぞれの診療シーンで活躍しています。
医療事務の業務範囲に満足することなく、患者さんやご家族のお話を傾聴し、不安な気持ちを解きほぐしながら医師や看護師をはじめとするメディカルスタッフに的確に病状や様子を伝える「接遇スキル」と、それ以上にメディカルスタッフでは捉えきれない患者さんやご家族の生活視点での課題を探り当て、それをフィードバックできる「応用力」が求められるなど、求められるスキルと業務は多岐にわたっています。
  • 外来
  • 訪問

ホスピタリティの心を大切に、
居心地の良いクリニックを目指す。

外来医療事務はクリニックの顔として、地域の患者さんの窓口となり、お一人おひとりの病状はもちろんその方のご事情まで理解した接遇で、患者さんを日々お迎えしています。

外来診療と在宅医療を提供するYUMINOならではの強みを生かし、多職種の医療スタッフと密に連携し、適切な医療サービスの提供に力を尽くします。また、ホスピタリティの心を大切に、待ち時間の工夫や、スムーズな診察のためのご予約の調整、感染症対策など、どのような場面でも患者さんにとって最善の選択は何かを考え、地域の皆さんにとって安心できるクリニックを目指しています。

  • 外来診療での患者受付
  • 患者案内,補助,サポート
  • 外来窓口会計
  • 次回予約受付
  • 電話での新規患者受付,再来予約変受付・変更,救急患者受入対応
  • 診療報酬や保険制度の説明
  • 診療報酬請求業務
  • 医事文書作成補助
  • 診療の流れの円滑化を支援
  • 他職種の業務フォロー

患者さんの電話を受けてスタッフと連携、
常に更新される専門知識で在宅医療を支える。

在宅医療の医療事務は、患者さんからの一本の電話から始まることもあります。医師や看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカーなど多岐にわたる職種のスタッフと連携し、適切な医療サービスをご提供できるよう接遇しています。

冷静な洞察力や判断力、コミュニケーション力などが求められる他、診療報酬請求業務を通じて在宅の現場を見据える力を培います。医療者と同じ目線で患者さんに向き合いながら、YUMINOの在宅医療を支えてゆけるスタッフを募集しています。

  • 診療報酬請求業務
  • 介護報酬請求業務
  • 医事文書作成支援・発送・回収・ファイリング
  • 外部連携機関との連絡・調整業務
  • 情報提供のフォローや伝達
  • 患者への診療報酬制度・保険制度・社会保障等の説明
  • 患者請求業務
  • カルテ作成

医療事務について Q&A

Q.1 必要な資格やスキルはありますか?
医療事務の資格は卒業証書のような位置づけと捉えています。これまで学ばれたことを実践に生かす機会がやってきます。資格も大事ですし、それ以上にこれまで経験してきたことや、これから取り組みたいことを率直にお聞かせいただけたら嬉しいです。
Q.2 どんな人が働いていますか?
総合病院、クリニック、薬局など医療機関での勤務経験がある方もいらっしゃいますが、全く異なった分野から医療事務に挑戦されている方もいらっしゃいます。どのスタッフも明るく真面目で、どの部署においても患者さんのことを第一に考えて行動できる方ばかりです。
Q.3 医療事務スタッフの人数はどれくらいいますか?
2021年7月現在、35名の医療事務が在籍しています。(派遣職員は除く)それぞれの拠点へ配属され、基本的には外来診療部・在宅診療部に分かれて専任で業務に当たっています。(一部の拠点では兼務している場合もあります。)
Q.4 外来診療、訪問診療と医療事務の業務が分かれていますが、
ローテーションはありますか?
はい、外来診療、訪問診療の医療事務は、それぞれローテーションを実施してゆきます。経験の浅い方には、まずは外来診療部からスタートし、医療事務の基礎を身に付けていただきます。その後、経験に応じて訪問診療部でもご活躍いただきたいと考えています。
Q.5 訪問診療は未経験ですが大丈夫でしょうか。
訪問診療分野の経験が無くても問題ありません。これまでの経験に応じて指導いたします。
Q.6 勉強会など学ぶ機会はありますか?
はい、あります。
現在は新型コロナ対策にて不定期開催となっていますが、以下のような講習を行っています。
・新人向け講習
・外来点数勉強会
・在宅点数勉強会
・公費医療制度について
・各種管理料算定への理解
・診療報酬改定勉強会 など
Q.7 外来診療、訪問診療で医療事務の業務にどんな違いがありますか?
外来診療はご来院の患者さんをお待たせせず、受けるべき治療を受けていただくために最善を尽くします。そのためにはスピードと正確性、さらにチームプレイが求められます。訪問診療では通院の困難な患者さんのお住まいに医師や看護師など医療者が訪問して治療やケアを行います。医療事務は患者さんと直接お会いする機会は少なく、カルテ上や医療スタッフからの情報を基に診療報酬請求業務を行うことになります。この点が、患者さんが目の前にいらっしゃる外来診療とは大きく異なるところです。また月次の包括算定項目もありますので、算定行為は月単位で行います

Q&A をもっと見る